県民共済と普通の生命保険の違いとは?【口コミ比較】

最近様々なところで目にする、耳にする保険無料相談サービスですが、本当に宣伝通りに無料なの?と思ってしまう人もいると思います。

無料で営業できるのか理由を調べてみました。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を収益という形で受け取っているからです。

つまり、相談サービスからすると、勧めた保険に加入してもらうことが一番重要になります。

そのため、特に評判を気にしている業界となり「相談に行ったら必ず保険に加入しないとダメそう」といった心配事はほぼ起きませんので安心して利用できますね。

評判を気にする業界と聞いて、どんな業界を思いつきますか?一般的に思いつくのは芸能関係や個人営業の飲食店だと思います。

実は保険無料相談を行なっている会社もすごく悪評を気にしているんです。

というのも、無料相談サービスの収益は相談者が保険に加入したら保険会社から報酬が発生するため、しつこい勧誘を行うとSNSや口コミサイトなどで拡散されてしまうからです。

そのため、サービス側も悪評の多いFPとの契約を解除したり、電話1本などで担当者変更できるようにしたり対策をしています。

一生のうち、保険は家の次に高い買い物と言われているので、信頼できる人からしっかりと説明を受けてから決めましょう。

思い切って保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを提案された。

よく言われているのが保険は家の次に高い買い物という話です。

そのFPが信頼できると感じたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社に提案された後に別のB社にも同じ内容で相談をして提案内容を比べるのをおすすめします。

その際に頭に入れておいて欲しいのがA社の内容をB社に見せると価格競争を始めてしまう、A社にない提案ばかりしてくる可能性があります。

担当者によって考え方は変わりますがA社の提案内容を見せる場合、「この内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できます。

ぜひ、B社のFPに頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

今の保険を選んだ際になにを参考にしましたか?ランキングサイトなどインターネット上の情報を参考にした人、職場に来た営業の人の勧めなどいろいろな方法で決めたと思います。

そうやって決めた結果、思っていたよりも月々の料金が負担になっている、実は保障内容を覚えていないという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスを利用して内容の確認をしましょう。

加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

思い切って相談してみた結果、保障内容がほぼ同じなのに月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に発見できたという話も多いです。

ネットで少し検索すれば、数ある保険無料相談会社についてさまざまなクチコミが見られます。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、プロに話ができる機会が欲しいと思っているということなのでしょう。

そして同じくらい面談についても気になっているのだと思います。

特に評判が気になるのが訪問タイプだと思いますが、重要なチェックポイントはFPさんの知識量や提案、さらにはこちらの理想をどれだけ実現しようとしてくれるかです。

気になった会社を調べる際には、そこのFPさんがどんな対応をしてくれるかをよく調べてみましょう。

営業の人に提案されるがままに保険に入っててしまって実は、内容をしっかりと理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

知識がなくても専門家が今はどんな保険、保障を契約しているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、希望に合った保険の紹介など相談に乗ってくれます。

また、その結果、余計なオプションを外したり必要な保障が手厚い別の保険に切り替えることでより充実した保障になります。

また、保険無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉をプレゼントするキャンペーンを行っていたりします。

タダだからと保険の相談にのってもらったとして、本当なら受けるもやめるも自由にして良いのですが、いくつもの面倒な質問に快く答えてくれたり細かな資料を用意してもらったりすると、決め手に欠いた場合に言い出し辛いことがあるかもしれません。

今後の人生設計の問題でもあるので、吟味を重ねてから決めた方が良いでしょう。

上手な断り方としては、じっくり考えてからこちらから連絡します、とはっきり伝えること。

万が一トラブルになりそうならその会社のサポートへ連絡しましょう。

ここ数年でペットの家族化が急速に進んでいます。

例としては、「ペット保険」や「ペット供養」などです。

ペット保険とは、病気や怪我の治療で動物病院に通院した際の治療費用を保障する保険です。

多くの動物病院で入院給付金や手術給付金が受給できるほか、ガン給付金や死亡給付金がついた保険も中にはあります。

ただ、1年ごとに行うワクチン接種は保険適用外になりますので病気になる可能性の低い若いペットの場合は必要ないという考え方もあります。

気になる方は、CMなどでも聞いたことのある保険無料相談サービスでも紹介していますのでとりあえず相談してみましょう。

専門家に保険の相談をしている人はどれくらいいるのでしょうか。

実績について調べてみると一年間に十万を超える人に利用されている会社もあるそうです。

それほど多くの人が興味を持っており、また専門家の知識が必要なほど複雑な仕組みをしているとも言えそうです。

会社自体は数多く存在しますが、CMでも有名なほけんの窓口や、ネットでよく見る保険マンモスなどの話が多くあります。

多くはFPさんの質にこだわっていることや、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

世に数ある保険無料相談会社について、比較検討してくれている情報サイトというものが存在します。

比較検討をする際のポイントは、面談までのやり取りが簡単にできるかどうか、またどれだけの商品について提案できるか、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、納得いくまで人や会社を変えて面談してみるなどして、全てを任せても安心なFPさんと一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

保険相談の際は大きく分けて来店タイプと訪問タイプとが利用できますが、訪問タイプでは面談するFPさんを選べないために、残念ながらうまくいかなかったという話も見聞きすることがあります。

例として挙げるなら、強引な勧誘に押し切られて意に沿わない契約をしてしまうなどです。

根拠のない脅しのようなことを言い断れないような雰囲気を作るようなFPさんがいるところでは、アフターケアについても心配なので一度離れた方が良いかもしれません。

そんな失敗を回避するにはしっかり下調べをして、信頼できる人に同席してもらうと良いでしょう。

保険についての見直しに料金がかからないだけでなく、そのうえ商品券までもらえるなんてお得ですよね。

どうすれば手に入れられるのかというと、実際に面談をすれば良いだけだったり、さらにアンケートが必要だったりするところがあります。

金額は2000円から7000円と幅広いですが複数の会社で面談をしたら合わせて数万円にもなるかもしれません。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えてしなければならないことを忘れないようにしましょう。

自宅で保険の面談をした際に不安なことに、提案が不十分だと感じたらうまく断れるのか?ということはあるでしょう。

普通の会社なら、強引な勧誘を禁止していたり、担当FPさんとの相性が良くない場合は変更するといったような安心・便利なサポートがあります。

また、初めての面談で即契約という流れにはほぼならないとのことなので、はじめに相談だけのつもりでいることをこちらから明示しておくというのもひとつのテです。

その提案に自信があるFPさんなら他社と比較して検討してもらっても問題ないので、嫌な顔はされないでしょう。

毎月の出費をできるだけ抑えたい、という気持ちは個人差はありますが皆さんも思っているはずです。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、保険の知識がなくても申し込んでいいの?相談に行ったら必ず何かを契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という気持ちも出てきてしまいますよね。

安心してください、知識がなくても今、契約中の保険の切り替えをしない方も見直しをしてもらえます。

その場合は、契約中の保険証券などをFPに見せるとよりどう行った内容かわかりやすくなります。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談のセッティングができないという人がいるそうです中小規模のサービスの場合、FPの登録者数が大手紹介サービスと比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に加入をしてくれるからです。

そのため、契約の可能性が低いと判断された案件は利益が出ないので後回しにされてしまうという仕組みになっています。

急いで相談をしてもらいたい場合は、キャンペーンを諦めてFPの登録者数の多い大手の仲介業者を利用するか、駅前などにある保険ショップの利用をお考えください。

参照:http://www.canadagoose-montreal.com/faq/kenmin-kyosai.html

タダでプロと一緒に保険の見直しができるのに、あわせて商品券などプレゼントがもらえる場合があります。

ゲットするためにどうすれば良いかというと、簡単なところでは面談を受けるだけだったり、アンケートに答えたりする必要があります。

額は数千円ほどが多いようですがいくつかの会社からもらえたならお小遣いとしては十分でしょう。

ただ真の目的はプロの意見を聞くことなので、ついでにもらえたら嬉しい贈り物と捉えて貴重な時間をしっかりと有効に使いましょう。

保険無料相談をしたら特典として商品券をプレゼント!というキャンペーンをパッタリと見なくなりました。

調べてみたところ、2017年4月に金融庁が発表した指導によって相談特典で高額な商品券やギフト券がもらえるという販促方法は禁止になったからです。

金融庁の指導の具体的な文言としては換金性の高い商品の提供の禁止です。

逆に言うと「換金性が高くないものなら大丈夫」とも解釈できるので一部のサービスでは商品券から「換金性の低い特定の商品をプレゼントする」と言う内容で募集をしている状況に変わっています。

そのため、高額な商品券をプレゼントするキャンペーンはなくなってしまいました。

保険無料相談サービスに申し込みをしたけれどなかなか面談できないという人がいるそうです中小のサービス会社の場合、登録してるFPの数が大手サービスの登録者数と比べて圧倒的に少ないためです。

そもそもなぜ無料で相談をできるかというとFPの提案した保険に契約をしてくれるからです。

そのため、契約、保険の切り替えの見込みが低い案件はサービス側が後回しにしてしまうことがあるという仕組みになっています。

一分一秒でも早く相談をしたい場合は、FPの登録者数の多い大手の仲介業者に申し込むか、保険ショップの利用をお考えください。

CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、いまいちこちらの要望が伝わらないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を活用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段相場は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料相談のメリットとしては、現在の保険の確認だけでも気持ち的に頼みやすいことや無料相談サービス内で相談者からの評価の高い優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、無料相談よりもお客様目線でアドバイスをしてくれることが多いです。

また、有料相談を行なっている企業は、独自の認定基準を設定しています。

「相談に満足しなかった場合は、相談料を返金する」という点も自信の表れでしょうか。

もしどうしても無料で済ませたいと言う場合は、何度も無料相談を行なってください。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に理解できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスを利用してはいかがでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、今のライフプラン、将来の希望に合う保険ではなかった場合、より現場に合う保険の相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に変えることで保険料負担が減ることもあります。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っていたりします。

ネットで少し調べればわかるように、保険相談を無料でしてくれる会社はすぐに見つかります。

差別化を図るためにキャンペーンをはっているところも多いです。

その中身はどういったものなのでしょうか。

嬉しい現金や商品券、ギフト券などがもらえるのだそうです。

もらえる額はばらばらではありますが、最低でも2000円、多ければ7000円ほどのようです。

提案内容を比較するためにも数社と面談することはあり得ますが、選ぶ際にこういった会社を見つけられれば、諸々のわずらわしさも気にならないかもしれません。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

中には、生命保険に加入しようとして案内担当者の説明不足な状態で例えば、保険の説明をしているときに不足している部分が重要だったという場合もあるそうです。

他には、保険金を請求したら子供の頃の治療歴を告知されていないとして義務違反で保険料の支払に応じないこともあるそうです。

そんな時にどこに相談したらいいのかわからないですよね。

保険は家の次に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブルを専門に取り扱う弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

保険相談をするには来店タイプと訪問タイプとがありますが、後者では担当FPさんをこちらから選べないので、納得できる話し合いにならなかったということもあるそうです。

たとえば押しに負けて合わない契約をしてしまうということもあり得ます。

「確実に損をしますよ」等不安をあおるなどこちらの弱みに付け込むような方法をとるFPさんでは、アフターケアについても心配なのでお任せするのは考えた方が良いかもしれません。

そういった失敗をしないために自分でも知識を身に着けて、面談時には誰かに一緒にいてもらうなどしましょう。

保険相談会社についてさまざまな情報が溢れる中では一番良いのはどこなのかわからなくなるかもしれません。

これだけでも事前にチェックしておきたいという重要なポイントをいくつか挙げてみようと思います。

最重要なのは、FPさんの質が高いというところでしょう。

また人間同士合う合わないは考えられるので、もしもの場合会社でサポートをしてくれるようなところを選ぶようにしましょう。

さらに取扱商品数が多いというのも細かな要望に応えやすくなる可能性が高いです。

アフターフォローの詳細も忘れずに確認しましょう。

例えば、人から何かを勧めらたり推しが強いと断れないという人がいます。

そういう方の中には、勇気を出して保険無料相談をしたときに新しい保険を勧められ、断りにくいと思ってしまいそのまま契約してしまう。

その結果、自分のライフプランに合わない保障内容になってしまうなどトラブルの報告を聞きます。

なので、ここでは断り方、信頼できる担当者探しのポイントについて書こうと思います。

見分け方の1例としては相談時に「検討させてください」、「念のため、他のFPにも相談したい」のどちらかを言えば大丈夫です。

保険は家の次に高い買い物と言われており、本当にお客様目線に立って提案するFPならあまり強く引き止めません。

もし強引に引き止めてくる、強引に勧誘してくるFPなら担当者を変えてもらいましょう。

ネットで少し検索すれば、保険無料相談会社についてのクチコミが溢れています。

つまり多くの人が不安や疑問、また強い興味を持っていて、できればプロに話を聞いてみたいと思っているのでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

特に訪問型の面談は気になる点が多いかと思いますが、気にするべきところはFPさんの提案力や理解力、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。

どこにお願いするか決めるときには、特にFPさんの対応などを気を付けて見てみると良いでしょう。

よくCMなどで聞く保険無料相談、あの人たちってどうやって収入を得ているの?その答えは、相談者が保険に加入した際の手数料です。

このシステムは相談者にとって良い面が多いです。

相談者が契約した時に初めて収入があるということは、加入してくれなければFPはボランティア状態で赤字状態になるため、保険を紹介するときにわかりやすく説明するなど、紹介の質を高めなければなりません。

FPは評判を気にしているので、相談者に合致しているライフプランを案内し紹介者のスキルが高くなり、説明がわかりやすいなど良い面ばかりです。

なので、現在契約している保険の確認だけでもOKなど強引な勧誘はありません。

皆さんも自分だけで考えずに気楽に相談してはどうでしょう。

車の買取やリフォームなどいろいろな場面で見積もりを取ります。

見積もりを取った後は業者から電話がかかってきます。

好きな人はそこで値段交渉をしたりするのが楽しいと言いますが若者を中心に最近では、電話が苦手という人も多い印象を持っています。

保険無料相談サービスの場合は、強制的な勧誘を行ったり、利用者の評価が低いFPを登録解除を行うサービスもあるほど勧誘に際してのトラブルに気をつけています。

また、もし強制的な勧誘を行うFPが担当になった場合はストップコールというサービス側で用意しているシステムがあり、電話一本で相談の停止や担当FPを変更することが可能です。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の変更を案内された。

保険は住宅の次に高い買い物と言われています。

そのFPが信頼できると感じたならそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後にB社、C社にも相談をして提案内容を比較するのをおすすめします。

その際の注意事項としてA社のすすめる内容をB社に見せるとA社に対抗する様な形で全く違う提案ばかりをしてくる可能性があります。

見せる場合はB社のFPに見せた時に「A社の内容で基本的にOKです」と言うくらいの担当者だったらほぼ間違いなく信頼できます。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

人生で2番目に大きい出費として挙げられるのが、保険です。

見直しをするにも細心の注意を払う必要があります。

予想できるトラブルを前もって下調べするなどして、心の準備をしておくことをおすすめします。

多くの人が一番心配なことは押しの強い勧誘だと思います。

不安をあおって急かしたり、必要かもわからないメリットを強調されたりして十分に理解できていないのに契約に進まされるといった感じでしょうか。

不安なときはこちらの要望を伝えたうえで少し時間を置きましょう。

普通はこういったいざこざに対処するサービスが用意されているので、利用しましょう。

人生においても重要なポイントですからはっきりとした態度を示しましょう。